ASPARA BACON

映画と音楽が好きです、嘘です。
<< イースタン・プロミス | main | 翼をください(Lost And Delirious) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『たとえ明日がこなくても(Kal Ho Naa Ho)』
 インド映画を一気に入荷してきましたー。完全にボリウッド映画初心者のスタートダッシュです。
しかしインド映画って手に入りづらいのね。DVDも日本語字幕付きなんてほとんどないし、出回っている英語字幕も結構値が張る。(3000円くらいかな)
インド映画を専門で通販・レンタルしてるサイトを見つけたので今回はそちらを利用。
インドグッズ専門店のティラキタさん。  http://www.tirakita.com/



インドで大ヒットをおさめたこの映画、主役はもちろん王者シャー・ルク・カーン。
安定感ったらないね。んでセクシー過ぎて「おいこれ流して大丈夫か」ってハラハラしてしまうくらいセクシー。
ヒロインはプリーティ・ジンタ。インドにもツンデレがいたみたいで安心しました。
主役のカーンももちろん素敵なんだけど、脇役のサイフ・アリ―・カーンも忘れちゃいけません。ちょっと悲しそうな微笑みはぐっときます。



インド映画とはいってもこの映画、舞台はNY。自由の女神の映像から始まります。
前半ではアメリカ娯楽映画的な作りで、アメリカンホームドラマを見ているようです。
冒頭なんかすごく凝った編集がしてあって、すごくスタイリッシュ。マシンガンのように紡がれていく台詞は笑いどころもあってコメディとしても楽しめます。


家族やら病気やら宗教やら、ほんとにいろんなテーマが盛り込んであるのですが、やっぱり愛なんですよ、愛。
でも大事なこと詰め過ぎて、色んな事挑戦し過ぎて、尺は三時間強。
その中でほんとにいろんなドラマが詰め込まれていて、ホームドラマ1クール全部まとめて見たくらいの疲労感はあります。

そもそも【祈る】→【出会いの伏線】みたいなシーンがそれだけで1,2分あるんだよね。同じようなカット、表情を交互に1分。もう笑ってしまうくらいにドラマティック。

序盤はスタイリッシュな映像の洋風ドタバタコメディ、後半になってシャー・ルク・カーンが暴露し始めたあたりからはインド映画。ずっとカーン様のターンです。カーン様の出番になるまで息切れしちゃだめですよ。



あとダンスシーンは5か所くらいだったかな、前半の方がテンポも良かったからなのか見てて楽しいです。ラストのダンスシーンは綺麗にしっとり。
最初のミュージカルシーンは、なんとヒンディー語で歌われる「プリティ・ウーマン」。著作権料、払ったんですってョ奥さん…

↓すんごいアメリカチックに仕上がったダンスシーン



同じくシャー・ルク・カーン主演の『Dil se...』も観たいんだけど、アマゾンでは在庫ないみたいです。またまたティラキタさんで借りてみます。


| review | 04:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:24 | - | - |









http://asparabacon.jugem.jp/trackback/68


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
鑑賞メーター
グリコの最近観たビデオ
OTHERS
SPONSORED LINKS